もっさんのブログ

もっさんです。小学校の先生をやっています。アドベンチャー教育をベースにした学習サークルの「湘南PACE」主催者の一人。幸せな社会、家族、個人を実現できる教育を目指しています。そのために、大人ができることは?理想とする社会、家族、個人の姿ってどんな姿?日々模索しています。

みんなでつくる『学校教育目標』 教職員×保護者×地域のおしゃべり会を開催しました!

実は、事前に教職員は練習会を開催していました。

ポジティブな意味では、話し合いのやり方のイメージがわく人が多いと、当日スムーズすすむから。ネガティブな意味では、先生という職種である以上、VISIONがあまり語れないと保護者や地域の方の前で恥ずかしいことになってしまうかもしれないから。みなさんのためにも、一度開催しておこうことになり、やっていました。

 

 

本番は、夏休み中の平日を設定しました。

場所は、クーラーが使えて広めの空間がある、公民館の集会室というところです。

 

 

実施1か月前には、校長名で各家庭に開催の文書を配付。

もっと前には、PTA本部会で僕がプレゼンし開催を予告。

夏休み前には、教育相談で職員が保護者にそれとなく宣伝。

で、当日は結局、保護者は本部の方のみ。

いいんです。だって、タイトルだけ聞いたら、正直楽しいイメージないですよね。

前例もない。

だけど、今回楽しんでもらえれば、きっと今後じわじわ増えるはず。

地域の方には、校長がそれぞれ個別に連絡をしてくださったおかげで、8名ぐらい集まりました。

うちの職員がつくってくれたチラシ↓

 

f:id:kawamocho1011:20210728121807j:plain

 

 

若手が積極的で、本当に素敵なわが職場。感謝です。

 

 

ということで、始まりました『学校教育目標おしゃべり会』本番!

 

f:id:kawamocho1011:20210727093028j:plain

インストラクションKP

f:id:kawamocho1011:20210728114854g:plain

f:id:kawamocho1011:20210727144320j:plain

f:id:kawamocho1011:20210727144455j:plain


入り口の感染症対策

f:id:kawamocho1011:20210727094156j:plain

そして何故か『飴を一つ取りなさい。絶対に。』という圧(笑)

 

f:id:kawamocho1011:20210727094203j:plain

 f:id:kawamocho1011:20210727094207j:plain

本日の流れ↓f:id:kawamocho1011:20210727102930j:plain

 

セッションは、ワールドカフェのような、えんたくんのような感じで、ホストが残り話題を共有し、移動した人は元の場所の話題を伝え…とい感じでやりました。「数人と話したのに、あたかもみんなと話したような気になる」を大事に。

 先ほどのKP法にありましたが、プライバシーの配慮や感染症対策への配慮もしました。SNSアップが嫌な方が、みなさんに分からないように聞きました(湘南PACEに来た事ある方は、目をつむって下を向くアレです)。ただし、こちらが提供する、ではなく、みなさんであれこれ言っていいという「みんなでこの場をつくる」方式です。学校教育目標だって、学校外の人をお客さん化しないので、当然です

 

飴でグループづくり。自然と飴を選んだ理由の話に。同じ飴を選んだ仲間として、帰属意識のようなものも、芽生えます(笑)

f:id:kawamocho1011:20210728115353j:plain

 

f:id:kawamocho1011:20210728115454j:plain

 

テーマは「子どもたちに、どんな人になってほしいか」です。幅広く話します。理由は、以前のブログでも書きました。

話しては移動してメンバーを変え、

前のグループでの話を紹介し、

新しいグループで練り直し、

またグループを変え、

を繰り返しました。

f:id:kawamocho1011:20210728115514j:plain

f:id:kawamocho1011:20210728115524j:plain

 

さて、トークテーマについて、少し解説をしておきました。

f:id:kawamocho1011:20210727103829j:plain

抽象的なキーワードで話すと、イメージが人それぞれ違うっていて伝わらずに終わってしまったり、当たり前のなんでもない学校教育目標になる可能性大です。そこで、エピソードで話したり、イメージの要素の分解をしながら聞きあうことを促しました

 

 

第4セッションまで話し合い、発散する過程が終了しました。

次は、収束(焦点化)していく過程です。下の図は、第4セッションと、収束のやり方です。板書がヘタ。

収束するときにやりがちなのが、

「これとこれとこれを混ぜたら、これになりますね」という感じ。

たぶんこれをやると、先ほど書いたような、抽象的で特徴のない学校教育目標ができます。(例:しあわせな人になってほしい、など)

ですので、多くの意味を含むことを求めず、「これぞ!」という特徴的なものを赤でハイライト(マーキング)してもらい、その上でトップ3に星マークを付けてもらいました。

f:id:kawamocho1011:20210728120250j:plain

 

f:id:kawamocho1011:20210727114006j:plain

f:id:kawamocho1011:20210727114014j:plain

f:id:kawamocho1011:20210727114034j:plain

相当面白く具体的な意見がたくさんでました。みなさんも、かなりハッとしていたようです。眠い会ではなく(笑)

 

さて、休憩時間を取り、その間にキーワードを前の黒板にリストアップ。

そして、全体でどんな意味が込めれているのか10分で確認をしました。

これ↓

f:id:kawamocho1011:20210728120831j:plain

f:id:kawamocho1011:20210727114354j:plain

f:id:kawamocho1011:20210727114403j:plain

素敵でしょう!!

数字は、「特にこれ、というものに手を挙げてください」といって聞いた時の挙手数。

ちなみに、何度も手を挙げていいです。「一人何回まで」とよく学校でありますが、これ実は民主主義をゆがめてしまうことがあります。あまりに余談なので、詳細はこちらで↓

 

 


最後にいただいた感想です。

 ●テーブルを変えて何度もやると、新しくなっていって面白いですね。正直、ずっと同じことを話していくことになるのかと思っていました。

●私たち(保護者)が、自分の子どもへの関わりを考えさせられました。いやぁ、できてないって思いました(笑)

●地域の方が、「こういう話ってすごく大事ですね。今日は楽しかったです。」と言っていたよ。

●こういうのすごく大事ですね。私も○○さんとこの話ができて本当によかった!

 

こういう会って、どうしても形式が先行して楽しくないイメージありますよね。きっとそれが原因で、保護者サイドの参加者が少なかったのだと思います。だって「学校教育目標についておしゃべりしましょ!」ですよ?楽しいイメージってそうそうないですよね・・・教職員ですらですから、予想を覆すことができて大成功!

よかったよかった。

 

さて、帰ってきて、午後は学校教育目標づくりのプロジェクト推進メンバーで1時間整理。

整理。

整理・・・。

のはずが、混沌。

そりゃそうです!ここからここから!

 

 

※学校教育目標をイメージ・イラスト化する話を、以前ブログで紹介しました。後で知りましたが、そういう職業の方?もいるようですね!イラストレーターの方も一部の人に紹介していただいたり、提案していただきました。とっても面白そうです。ですが、本校は「自分たちでつくる」このプロセスがとても大事だと思っているので(そこにずっといるのは、教職員や保護者や地域の方ですから)、PTAや地域の中からイラスト化できる人を探していこうという話になりました。外部の人に情報をもらうのはいいけど、やってもらうと、維持したり、改変していくフットワークが重くなります。来年度以降の修正が大変になります。ですから、身近な人間であることが大事だと、我々は考えました(実は、外部の人を呼ぶ予算がないからって理由は、ヒミツです~あはは~)。でも、ヒントやアイデアはぜひください!!ガンガンください!

 

 

組織開発・研修・ワークライフバランスの校内研究 第4回全体会『教育の夢を語る&これからの授業の一つの形』

f:id:kawamocho1011:20210727153842j:plain


今回の校内研究は、映画を見てあれこれおしゃべりしました。

 

 

 

 

テーマは『探究学習』です。

映画は、言わずと知れたPBLのドキュメンタリー映画Most likely to succeed』です。

PBLと聞くと、その方法論に目が行きがちですが、大事なのは「なぜその方法なのか」です。それは、教育の夢、つまりはVISIONに大きく関係しています。特に、夏に学校教育目標について、保護者や地域の方とおしゃべりする本校にとっては、とても価値のある内容とタイミングなように考えています。

 

映画のタイトルは、初めて聞いた方は、ググってくださいね。

 

上映前に↓

f:id:kawamocho1011:20210727164620p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164539p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164526p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164408p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164430p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164628p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164438p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164635p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164419p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164522p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164358p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164554p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164401p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164423p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164547p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164543p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164508p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164558p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164535p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164416p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164518p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164631p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164609p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164848p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164512p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164352p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164551p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164515p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164531p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164200p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164412p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164612p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164405p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164624p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164434p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164601p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164905p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164615p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164605p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164155p:image
f:id:kawamocho1011:20210727164426p:image

 

そして、始まる前にはやはり、上映マナーの上映↓

 

https://youtu.be/A01qa1ONQ6I

 

さ、本番です。

 

 

 

上映後は、いつもの、A3の簡易版えんたくん『えんたくんペーパー』で、近くの方とおしゃべり。会話の中で出てきたキーワードを、ぼくが黒板に書いてみました。

f:id:kawamocho1011:20210727164652j:image
f:id:kawamocho1011:20210727164836j:image
f:id:kawamocho1011:20210727164643j:image

 

さて、本校では、研究会の最後に個のふりかえりの時間をとっています。

「終わった方から退室」にすると、どうしても質が落ちます(子どもも大人も一緒です笑)。ですから、終わり時間を毎回示し、その10分前には終了し、ふりかえりをじっくり書く時間を取っています。10分間は終わっても退室せず、終了時刻を待つようにしています。

このふりかえりが、毎回素敵でとても読みごたえがあります。本当に面白い。

最初から公開を前提にしているので、職員全員で回覧をしています。戻ってくるまでいつも、3週間ぐらいかかります。じっくり読んでいただいているからです。

回覧が終わったら、個人のポートフォリオに入れる。自分のふりかえりも蓄積していきます。

f:id:kawamocho1011:20210727164844j:image
f:id:kawamocho1011:20210727164840j:image

ふりかえりは、自分のために、です。

そこがポイントのように思います。

 

 

それにしても、賛否両論の映画でした!まぁ想定内です笑

ということは、話題性があるってことですね。

 

低学年では無理では?

ルールは必要では?

 

というのが話題のトップかな?

組織開発・研修・ワークライフバランスの校内研究 第3回全体会『児童指導&校内支援体制』

昨年度の、研修ニーズ調査で、トップに出たのが、「児童指導の校内支援体制」です。

要するに、支援の必要な子どもたちに対して、学校教職員がどのような連携をとって支援をしていけばよいのか、ということです。

 

実は本校は、ここ最近、学級崩壊のようなクラスが毎年一つ出ています。

荒れたクラスを立て直すためだったり、クラスから飛び出す子どもに対する対応だったりで、担任を持たない教職員や管理職が超多忙化していました。

正直、後手後手の対処法しかなく、具体的で効果的な連携や、未然に防ぐ予防体制が整っていなかったので、ここのニーズが高かったわけです。

 

今回の研修は2回目のABD。2回目なこともあり、職員の動きもスムーズです。

 

選んだ本はこちら↓

f:id:kawamocho1011:20210727163526j:image

 

またインパクトのある題名(笑)

前回の働き方改革から一見逆行しているかのように見えなくもない。

 

で、記録はこんな感じでした。

f:id:kawamocho1011:20210727163653j:image
f:id:kawamocho1011:20210727163645j:image
f:id:kawamocho1011:20210727163650j:image
f:id:kawamocho1011:20210727163629j:image

みなさん引っかかるポイントが違って面白いですね。

 

みんなでつくる『学校教育目標』⑤ 第3回プロジェクトミーティング

 


今回のミーティングの議題は↓

 

◆夏の保護者とのおしゃべり会で話すテーマ(問い)の決定

◆話し合い方(ワークショップデザイン)の決定

 

でした。

f:id:kawamocho1011:20210625174056j:plain

 

テーマ(問い)はオープンで、広めにしたほうがいい

前回のミーティングで、テーマは「目指す子どもの姿」に関する内容と決まっていました。ですが、このままだと堅苦しいし、どの時点の子どもの姿を目指すのかが明確になっていません(卒業時点?中・高校生?働き盛りの20年後?など)。保護者も気軽に話し合えるようなテーマにしなければなりません。

 

いろいろ意見を出し合って、最終的に「〇〇小の子にどんな人になってほしいか」になりました。理由は・・・

◆オープンなほうが、特に保護者のいろんな思いを幅広く聞けそう。例えば、先生は数年で移動するけど、保護者は長いことこの学校と関係がある。思いや見え方の違いはきっとある。「明日こうなってほしい」も含めていい。

 

ということです。とにかく、いろんな話を聞きたいという先生たちの素敵な願いが大事にされて決まりました。

※年齢が限定されたら、「〇年後だったらどうですか?」などを互いに問い広げるようにする。

 

ワークショップデザインは?

 

話し合い方となるワークショップデザインは、

「えんたくん」ワールドカフェみたいな感じです。

f:id:kawamocho1011:20210625174026j:plain

 

 

 

◆数人と話したのに、あたかもみんなと話したような気持ちになること

◆大事なところの優先順位を付けられるようにすること

◆しっかりと思いを確認しながらやること

などを大事にしてデザインしました。素案ですが、これから詳細を詰めていきます。

そして、当日までの準備や役割を決定して終了。

 

 

職員も、みんなすぐに「子どもの姿」を語れるかと言ったら、そうでもないかもしれない。ワークショップの形も体験しておいたら、サイドワーカー的に動いてくれることも期待できる。ということで、職員で一度練習会を設けます。

 

いよいよですね。

ワクワクしてきました!

 

2021.7.10.頃出版『社会科ワークショップ』出版おめでとう!&暑苦しい書籍紹介デス

 

f:id:kawamocho1011:20210617204527j:image

 

この度、「作家の時間」「読書家の時間」などの、

 カンファランスがベースになるワークショップの実践を世に生み出してきた「プロジェクト・ワークショップ」シリーズから、

「社会科ワークショップ」が出版されることになりました。

おめでとうござます!!!!!!!!!

 

 僕もこのプロジェクトに参加していたものの、自分の都合で続けるのが難しくなり、抜けました。それでも、このプロジェクトの実践は僕を大きく成長させてくれたし、ここで出会った仲間とあれこれやったことは、自信につながりました。

 実践をリードし、本という形にしてくれたトミー(冨田明広さん)と、まーしー(西田雅史さん)には、尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。と同時に、自分の子のように大事に思っているこの「社会科ワークショップ」の良さを、途中段階の原稿を読ませてもらった僕が紹介し、ここで売り込みたいと思います。

 

 

他のワークショップとの違い~個の成長への焦点化~

  僕の中で(偏見的ですが)ワークショップのような学びは、協働的な色合いがとても強いイメージがあります。ぶっちゃけ一人手を抜いていたり、できていない状態でも集団の力でなんとかなります。先生はこの点をよく分かり、意識的に見て関わらない限り、こういう子が埋没していき、「結局一人になったら何もできないままだった」ということもあります。

 一方プロジェクトワークショップシリーズでは、協働的な学び方だけでなく、個の学びと成長もとても大事にしていて、個の成長のために協働的な学びを使っているイメージがあります。カンファランスという、今その子に必要な学びを、教師対子どもが1対1(複数もある)で行うアプローチが、特徴的なように思います。一人ひとりの成長を考えたリアルタイムな学びへの関わりができます。

 読書家の時間も作家の時間も、社会科ワークショップも、これが他のワークショップとの大きな違いだと思います。

 

 失敗・悩み・迷いがつぶさに書かれている

  世の実践書の多くは、サクセスストーリーがてんこ盛りです。しかし時に読者に幻想を抱かせて、そのまま真似してみたら大失敗したり、変わったことをやっているということで同僚や上司に煙たがられたりすることが多々あります。そして、やり方が光りすぎて、本質を見失ってしまうこともあります。

 本当は、うまくいくまで、実践者は多くの失敗・悩み・迷いを経験し、そこで様々な情報を得ながら改善して、ちょうどよい実践を見つけていきます。このプロセスが載っていると、読者も「こうやって改善していけばいいのか」が分かっていきます。読者も学び手として自立できます。

 この本の素晴らしい点は、とにかくこのプロセスがてんこ盛りなところです。本当に秀逸です。教育書においては、他の追随を許しません!(とまで言ってみる!)

 悩みぬいた末に生まれる新しいアプローチ。子どもとのやり取りの中でつくられていくアイデア。読者も、悩んだときにどうやって考えていけばいいかが見えてきます。・・・そのプロセスを読者もなぞることができるので、いつの間にか自分も同じ気持ちで悩んでいますよ(笑)

 また、著者自身がこのような授業スタイルになっていった変遷も載っています。教材研究に終始していたけど、その違和感に気付いて変わっていったこと。イベントになってしまっていた探究学習を変えていったこと。テストの扱い。とても参考になりますし、納得します。

 

 とにかく「踏み込んだ」書籍になっています!

 

一方で、「やり方」の本ではないことにも留意

  よい本というものの定義は人それぞれですし、それぞれでいいと思います。

 この社会科ワークショップは、「踏み込んだ」本であることは間違いないですが、「こうやればいい」という本でも、全くありません。でもそれでいいんです!

 そもそも、プロジェクトワークショップシリーズは、先生一人ひとりの関心と強みを最大限生かし、子どもにあった学び方を提供するアプローチで、こちら側にいわゆる「型」のようなものは一部しかないように思います。やり方は、目的に応じて変わっていくもの。よく言えば、「本来学ぶことや教えることは、そういうもので、そういうものだからこそ授業は楽しく実りあるものに変化していく」、悪く言えば、「分かりにくい」です。

 実は僕は、読書家の本や作家の本を読んでも、すぐに実践できなかった者です。全体像がつかめなかったからです。ここら辺が難しいところで、実際には先輩たる実践者の講座に参加したり、実践者とおしゃべりしたりしたことでようやく見えてきて、チャレンジできたという過程がありました。ですから、もし作家の時間や読書家の時間やプロジェクト型の学習に初めてチャレンジする人は、仲間を作るなり、実践者とコンタクトをとれるような形をお勧めします。

 ただ、僕は、こういう本がいい本だと思っています。いわゆるテクニック本は、2・3年でほぼ卒業しました。大事なのは、やり方ではなく考え方です。考え方をベースにできると、自分にも子どもにもあった方法を選んだり、生み出したりできるようになってきます。軸ができて、実践に優先順位が付けられるようになっていきます。そして仕事も減ります(!)

 

 

 作家の時間も読書家の時間もスキルアップが期待できる

 失敗・悩み・迷いのプロセスはもちろん、どうやってユニットやカンファランス、そもそも学びとは、を考えているかがとにかくつぶさに書いてあるので、他のカンファランスベースの授業においてのスキルアップが期待できます。僕も実際、この本を読んで変わったことがたくさんありました。カンファランスの何たるかが以前よりも見えるようになってきました。

 

 結局「社会科」ってなんでやるのさ

  突き詰めて考えていくと、全ての学びは幸せに生きていくためにあるように思います。

 歴史であれば、歴史を学び、自分が素敵と思える歴史上の人物の生き方を見つけ、自分の生き方を変えていったり。地域と気候であれば、自分が住みたいと思える土地で、より幸せに生きていける住み方を見つけていったり。水やゴミの問題であれば、「取り組んで授業が終わったらはい、終了」ではなく、本当に自分たちが必要と思って、続けられる改善方法を見つけていったり。

 そんな、幸せの形を突き詰めつつ、社会科だけど人として大事なことをたくさん学べる場を作っているのが、「社会科ワークショップ」のように思います。

 

 

以上、長いですが紹介してみました。

僕は著者ではないですが、みなさんぜひ買ってください。

そして、よかったら一緒におしゃべりしましょう。

一緒に学ばせてください。

 

トミー、まーしー、本当にありがとう。

みんなでつくる『学校教育目標』④ 第2回プロジェクトミーティング

今日は、第2回の教育ビジョンづくりミーティングでした。

 

今日のアジェンダ

f:id:kawamocho1011:20210604195444p:image

 

 

ということで、ビジョンの中身ではなく、フレームを決めていきました。

 

前回の確認事項から、

◆形骸化しない

◆保護者も子どももコミットする

◆わかりやすく、大事にしたいことの優先順位があり、力点がはっきりしている

◆毎年更新しやすい

を大事にしながら考えていきました。

 

 

 

既に考えられていた素案はこちら↓

f:id:kawamocho1011:20210604193200p:image

 

①まず、目指す子どもの姿がある

②次に、その子どもの姿を実現するためには、どんな学校だったらいいかを決める

③その実現のために、子ども、保護者、教職員

ができる行動目標を宣言する

 

という流れ。

 

このフレームの秀逸な点は、③で、これは前回から満場一致で支持されているところ。それは、学校教育目標が決まったら、

『その実現のために自分たちはこんなことをします!』

と具体的な行動目標を、教職員、子ども、保護者がそれぞれ自分たちのミーティングをもって決定し、宣言するところです。

この部分は、毎年そのメンバーでミーティングして決め直していいので、リアルタイムで、生きたものになると予測しています。また、自分たちの行動の評価にも繋がることができます。

 

学校づくりに、子どもや保護者が積極的な参画者として混ぜ込める点が秀逸と思っています。

 

 

 

さて、次は、中心の部分です。

ここにはどんな項目がくるのが良いのか。画像では、

①目指す子どもの姿

②その子どもの姿を実現するためには、どんな学校だったらいいか

がきていますが…

f:id:kawamocho1011:20210604195430p:image

 

(字が汚いけど…)

目指す子どもの姿って、みんなが一言で言えるシンプルさがほしいと思っていたけれど、シンプルにすればするほど、ずれていく気がするという結論になっていきました。子どもの姿には多様性があってよくて、あまりにも(保護者も含めると)イメージが多様化していて一つにまとめてしまうと抽象度が上がりすぎて、逆によくわからない形骸化になるという意見です。

 

画像にもあるけれど、目指す子どもの姿を話すプロセスは絶対必要。だけど、そのイメージは一言で言えるものである必要はない、となりました。ただイメージと、それを決めていくプロセスは残しておき、毎年のように確認する必要はあるね、という話になりました。

 

なので、今回つくる『表に出す』学校教育目標には出さないことになりました。

 

そうしてできた大まかなフレームは、こうなりました。

f:id:kawamocho1011:20210604195437p:image

ボスから、

「地域も入れられないかな?『親父の会とかもあってさ…』」という素敵な提案があり、横浜市の住田校長のいうPTCA的な要素が入りました。

「目指す子どもの姿」のようなものは、フレームの上に子どもたちの様子がわかるイラストをゆくゆくは入れることで、それが分かるようにすることになりました。

 

 

う〜ん、素敵でとっても楽しみ。

 

 

夏休みに入るとすぐ、保護者とビジョンのおしゃべり会があります。この時、何をテーマに話すか、その問い?を吟味しなければなりません。たぶん、目指す子どもの姿になるのですが、この子どもの姿はいつの姿を話すのかを決めなければいけません。

卒業時点?

5年後?

働き盛り、家庭も持つだろう時期の20年後?

どこを見据えていきましょうね。

 

 

 

学級経営案がなくなり ビジョンシートになりました

以前書いた、今年度の研究(研修)で主軸たる取組になるであろう、『キャリアビジョンシート』

f:id:kawamocho1011:20210526205645j:image

かねてより、

自己観察書

学級経営案

の形骸化の問題点を指摘していましたが、

 

本校は今年学校教育目標をみんなで作り直すのもあり、

働き方改革をしまくっているのもあり、

研究も型にはまらない自分たちのニーズに合わせたものにしているのもあり、

 

我が勤務校の管理職は、

さまざまな変革にポジディブに捉えていてくださり、

学級経営案にまで切り込むことになりました。

 

 

 

とりあえず学級経営案は公的でマストな文書ではないことがわかりました。

形骸化については同意いただいているのと、

今年は、自分のために(クラスの子どものためだけじゃなく、自分のためにというところが結構大事)本当に生かせるものとして、

研究を中心にキャリアビジョンシートを取り組むのもあったので、

 

「負担減らしてさ、今年は色々チャレンジするってことだし、生きたものにしようね!」

と賛同いただき、

学級経営案の提出はなくなり、

 

すでにほとんど研究の全体会の時間で作ってしまっているこのキャリアビジョンシートを色付けして提出しておしまい、

 

になりました!

 f:id:kawamocho1011:20210526210530j:image

 

これはかなり劇的で前向きで生産的な変化です。

 

 

たぶん、こういうものにあまり良いイメージのない方は、「作るの大変じゃん」て思いますが、

みんなで時間をとって、

たまにあれこれ喋らながら、

定期的に書き加え、

育てるように少しずつ完成させ、

定期的にふりかえり今の立ち位置を確認して

もう一度ビジョンに向けて立て直し、

そんなことをやってるとかなり生きたものになるし、意外と進んで、できたあとはスッキリします(スッキリして終わらないこと笑)

 

ポイントは、個人の作業として委ねないこと。

 

 

ビジョンシートの各テーマや問いかけは、まだまだ吟味が必要ですが、今年はこれでやってみてます。

 

ここの読者の方で、何かご意見アドバイスありましたら大歓迎です。

 

 

 

ちなみに、先日は職員会議で10分間、学年でこのビジョンシートの、特にビジョンについておしゃべりで共有していただきました。

とても素敵でいい時間でした。互いの関心や取り組みの背景が見えるって素敵。